京都府南部、京田辺市を中心に活動する社会人吹奏楽団、大住シンフォニックバンドのホームページです。

12月8日 ♪酒井格先生レッスン♪

こんばんはー!!

最近めっきり寒くなりましたね

私事ですが、先日母と紅葉を観に嵐山に行きました。
こんなに寒くなったら紅葉ももう終わっているものだと勝手に決めつけていましたが、まだいい具合の葉っぱのグラデーションがあり、とても綺麗でした

また、紅葉シーズンのせいか、平日なのに修学旅行生やカップルなど、人が沢山いた事に驚きました

さて!12月に入ったので今度はクリスマス、イルミネーションの季節ですね

ルミナリエや中之島のイルミネーションはもうお馴染みですよね

皆さん、今年ははどちらへ行かれますか?

それぞれのクリスマスシーズンを満喫されて下さいね

そう!
クリスマスと言えば、
大住のコンサートも負けてませんよ

来たる12月22日(日)京田辺市北部住民センターにて【第5回寒さふっとばせコンサート】を開催します!
詳しくは当団公式HPをご覧ください⇒https://sites.google.com/site/osumisymphonic/
たくさんのご来場をお待ちしております

******************************************************************************************

さてさて!!
前置きがかなり長くなりましたが…

今日はなんと!!

1月にある演奏会にて、当団の委嘱作品である「I Love the 207」を演奏する為、
作曲者の酒井格先生にレッスンをして頂きましたー!!!!!

この曲をまず大住の為に作曲して頂いたことだけでも光栄なことですが、
その上レッスンまでして頂けるなんて本当に嬉しい限りです

image

image

レッスンでは、実際に酒井先生に指揮を振って頂きながら、
この曲のイメージを教わりました。

この曲は、2005年に起きたJR福知山線での脱線事故で、207系電車が悲しい出来事を2度と繰り返すこと無く、
いつまでもたくさんの人たちの笑顔と夢を乗せて走り続けてくれることを願って書かれた作品です。

酒井先生は、起きた悲劇をそのまま曲にするのではなく、
前向きになれるように楽しい曲にしたかったと語って下さりました。

実際に演奏していても聴いていてもまさしく楽しい気分になれる曲ですよね

また、曲自体は電車が走る様子を音にしたものとなっており、
「この部分は発車前にドアが閉まる音だな」とか「ここは駅のホームに電車が入ってくるところだな」とか
聴く方がとても想像しやすい様に作られています

酒井先生は電車マニア?だそうで、この曲の中にたくさんのこだわり部分を入れて下さっているところも
聴きどころ抜群ですよね

曲の冒頭部分は、管楽器の名前をそのままリズムにした曲調になっているんですよ
皆さんご存知でしたか?!
イメージしながらまた聴いてみてください

さらに!
たくさんの思いが込められた「I Love the 207」の楽譜が一般発売されたということで、
酒井先生より発売された譜面を改めて頂きました!!!

写真は団長が先生より楽譜を頂いている様子です!!

image

楽しい時間は過ぎるのが早いですね…。
レッスンはあっという間に終わりました!!!

私は、このレッスンで酒井先生の「I Love the 207」へ対する思いを改めて聞くことが出来たので、
もっと気持ちを込めてたくさんのイメージを膨らませながら演奏しようと思いました!!

酒井先生、ご多忙中の中お越し頂きましてありがとうございました
これからも「I Love the 207」を大切に演奏して参ります。
今後とも大住シンフォニックバンドをよろしくお願い致します。

そんなこんなで長くなり全くまとまりのない文章になりましたが…

最後まで読んで頂きありがとうございました!

広報Iでした~

【追記:Facebookもやってます!是非《大住シンフォニックバンド》で検索!】